• ひび割れ補修工法
  • タイル・リニューアルシート工法
  • レトロフィットタイル張替え工法
  • タイルクラック擬態工法

ひび割れ補修工法

ひび割れ補修工法

ノーカットで防水補修ができるひび割れ補修工法(HSS工法) ならこれらの課題を解決することができます!

ひび割れ補修工法(HSS工法)は、ハンドスムーサーによって1液徴弾性エポキシ樹脂をひび割れに充填するダイレクト注入工法です。幅0.3mm程度のひび割れなら、10~20mmの深さまで確実に充填されます。また補足充填を行うことにより30mmもの深さまで一度に圧入できるこの工法なら、ひび割れ箇所への防水処理をノーカットで施すことができます。

-ひび割れ補修工法(HSS工法)が使える箇所について-

「ふきつけタイル」「打ちっ放しコンクリート」「タイル」など、外壁のあらゆる場所に施工できます。

-ひび割れ補修工法(H SS工法)が使える箇所について-

ひび割れ補修に関するお問い合わせはこちら

ひび割れ補修工法(HSS工法)のメリット

UVカットなどが不要になるため、施工単価を下げることができます
従来のダイレクトシール工法の場合、ひび割れに充填するエポキシ樹脂は、10mmも入れば合格ラインだと言われています。一方、ひび割れ補修工法(HSS工法)で使用するハンドスムーサーなら10~20mm程度の深さまで確実に補修可能。
さらに再充填を行うことで、30mmの深さまでエポキシ樹脂を充填することが可能です。そのため、UVカットなどを行う必要がなくなり、施工単価を下げることができます。
電気を使わないハンドスムーサーだから、スムーズに施工できます。
ひび割れ補修工法(HSS工法)で使用するハンドスムーサーは、グリップを握るだけで簡単にエポキシ樹脂を圧入できる中圧方式です。電気、ガス、コンプレッサーなどは必要ないため、使用する場所を選びません。
また、従来製品のように作業終了メンテナンスの手間がかかることもないため、工事が大変楽になります。
ひび割れを拡張させないから、美しい仕上がりになります
ひび割れ補修を行う目的は、建物の寿命をのばし美観を整えることで、資産価値の維持を図ること。しかし、従来のUVカットによる補修は「確実性が高い」というメリットがある一方、跡が残るため、美観の点で資産価値を保ちにくいという欠点がありました。
跡を残さず、確実な補修が可能になるひび割れ補修工法(HSS工法)は、こうした課題をすべて解決できます。

その他のメリットについて

ひび割れ補修工法(HSS工法)は、ノンブリード材を使用しています。そのため、塗装仕上げをしてもシミなどが出ず、美しい仕上がりになります。

ハンドスムーサー

ハンドスムーサー

ハンドスムーサーは、東京商工会議所板橋支部の板橋Fine Worksを受賞した確かな製品です※。従来のダイレクトシール工法に使われていたハンドクルーザーよりもリーズナブルになっておりますので、ぜひ導入をご検討ください。

※板橋Fine Worksは、技術・技能に革新性・独自性がある、あるいは高度な技術を駆使している、などの特徴を持つ製品に贈られる賞です。

ハンドスムーサーのスペック
注入方法 専用ガン打ち(中圧注入)
付属アタッチメント 入隅用と注入用あり
粘度 低い(オールシーズン利用可)
引張強度 高い
樹脂成分 一成分弾性エポキシ材(湿気硬化・微弾性タイプ・無溶剤・ノンブリード・ノンプライマー)
吐出力 4kg
ネタ深さ 20mm~30mm
目巾 0.2mm~2.0mm(ネタを追加することで、2.0mm以上も可能)
その他の特色 メンテナンスフリー/半透明容器のため、ネタ残量の確認が可能

ハンドスムーサーの詳細はこちら

動画