• ひび割れ補修工法
  • タイル・リニューアルシート工法
  • レトロフィットタイル張替え工法
  • タイルクラック擬態工法

タイル・リニューアルシート工法

タイル・リニューアルシート工法

こんなときはぜひ、タイル・リニューアルシート工法(CFS工法)をご検討ください!

タイルの補修費用を抑えたいタイルのひび割れをスピーディに補修したいひび割れ補修した箇所を周囲にレトロフィットさせたい一切騒音を出さずにタイルのひび割れを補修したい

タイルの補修費用を抑えたいタイルのひび割れをスピーディに補修したいひび割れ補修した箇所を周囲にレトロフィットさせたい一切騒音を出さずにタイルのひび割れを補修したい

--施工事例-代々木ゼミナール横浜校の外壁目黒区役所合同庁舎の外壁他多数

ひび割れ補修に関するお問い合わせはこちら

新開発のリニューアルシートでタイルを補修するタイル・リニューアルシート工法(CFS工法) ならこれらの課題を解決することができます!

タイル・リニューアルシート工法(CFS工法)は、色合いを既存タイルに近づけ、さらに塗装(耐久性の高いフッ素樹脂塗装)によって模様まで再現したアルミシート(シーファイン)をタイル面に張り付けて補修する工法です。
この工法を使用すれば、もう、ひび割れ補修のためにタイルを交換する必要はありません。
また、色落ちした周囲のタイルにレトロフィットさせるため、ひび割れの跡が全くない美しい仕上がりになります。

-タイル・リニューアルシート工法(CFS 工法)が使える箇所について-

外壁の1階部分など、目立つ箇所にある「タイルひび割れ」「タイル欠損」「鉄筋爆裂によるタイル破損」「2階以上にあるタイル足場継ぎ跡」の補修に最適です。また最近では、透明アクリル樹脂カバー工法によるタイルの落下防止・下地処理に使用されています。

-タイル・リニューアルシート工法(CFS 工法)が使える箇所について-

タイル・リニューアルシート工法(CFS工法)のメリット

タイルを交換する必要がないため、低予算での補修が可能です
タイルにひび割れが見つかった場合、これまではタイルを直すのではなく、交換するのが一般的でした。しかし、これでは補修のたびに費用がかさんでしまいます。
そこでお勧めしたいのが、タイル・リニューアルシート工法(CFS工法)です。この工法なら、タイルを交換する必要がないため、低予算でもタイルのひび割れを補修できます。
レトロフィット技工により、補修跡を目立ちにくくします
タイル・リニューアルシート工法(CFS工法)に使用するアルミシート(シーファイン)は、壁面の状態に合わせて塗装加工します。たとえば、紫外線によって色落ちした壁にもレトロフィットさせることができるため、補修跡はほとんど目立ちません。
タイル・リニューアルシート工法(CFS工法)は、簡単かつ確実にタイルのひび割れを補修できる優れた工法となっています。
柔軟性の高いアルミシートが、様々な課題を解決します
柔軟性に富むタイル・リニューアルシート工法(CFS工法)のアルミシート(シーファイン)は、凹凸があるタイルにも張り付けることが可能です。そのため、ほとんどのタイルにご利用いただけます。
また、アルミシートは曲げに強く、大きな負荷にも耐えられます。地震などによるタイルの部分落下防止効果もあり、様々なシーンでの活用が期待されています。
特注タイルの破損なら、少ない数でも補修を承ります
特注でオーダーしたタイルであっても、ほぼすべてのタイルを補修可能。しかも少ない数でも補修を承っております。また、タイル・リニューアルシート工法(CFS 工法)のアルミシート(シーファイン)は専用プライマー(エポキシ樹脂)で強力に裏張りしますので、容易にはがれることはありません。
構造上無理のある壁面に張られたタイルをフォローします
構造クラック上に張られたタイルは、ひび割れか欠損を発生させます。またその部分のタイルを何度張替えても、破損を繰り返すだけで改善することはありません。その上、タイルが落下する危険もあるのです。しかし、タイル・リニューアル工法(CFS工法)なら大丈夫。アルミシートによる補修のため柔軟にタイルをフォローし、同時にタイルの落下も防止します。
※アルミシートにシワが入る場合があります。

動画