• ひび割れ補修工法
  • タイル・リニューアルシート工法
  • レトロフィットタイル張替え工法
  • タイルクラック擬態工法

タイルクラック擬態工法

タイルクラック擬態工法

こんなときはぜひ、タイルクラック擬態工法(FMG工法)をご検討ください!

タイル交換にかかる経費を削減したいタイルの小さなひび割れを消したい騒音を出さずにタイルのひび割れを補修したいひび割れ箇所からの漏水を防ぎたい

タイル交換にかかる経費を削減したいタイルの小さなひび割れを消したい騒音を出さずにタイルのひび割れを補修したいひび割れ箇所からの漏水を防ぎたい

-施工事例-代々木ゼミなーツ本部校の外壁他多数

ひび割れ補修に関するお問い合わせはこちら

ひび割れラインをきれいに消せるタイルクラック擬態工法(FMG工法) ならこれらの課題を解決することができます!

従来の一般的な薬剤(酸)による壁面洗浄で、タイルのひび割れについた黒ずみ(ひび割れライン)を目立たなくすることはできませんでした。
そこで当社では、フッ素によるリニューアルクリーニングと防水処理を同時に行うタイルクラック擬態工法(FMG工法)を開発。
これにより、ひび割れラインをほぼ消去することに成功しました。
幅0.3mm以下のひび割れであれば、タイルを交換することなく補修できます。

-タイルクラック擬態工法(FMG工法)が使える箇所について-

2階から3階以上の外壁にある、目立ちにくいタイルのひび割れ補修に最適です。
また廃液を出さないため、高層ビルのタイル補修などにもご活用いただけます。

-タイル・リニューアルシー-

タイルクラック擬態工法(FMG工法)のメリット

ひび割れラインを消すことができるため、タイルを交換する必要がなくなります
現在、1階や2階部分などの目立つ位置にあるひび割れタイルは、張替えて補修するのが一般的です。しかし本来、ひび割れの幅が0.3mm以下で漏水の心配がない場合、タイルを張替える必要はありません。
タイルの交換にかかる費用を抑えたいとお考えの方は、タイルクラック擬態工法(FMG工法)を試してみてはいかがでしょうか。
環境にやさしい薬剤を使用し、騒音を出すことなく補修工事を行います
タイルクラック擬態工法(FMG工法)の工程の一つであるリニューアル洗浄には、環境にやさしい洗剤「フッ素MAX」を使用しています。しかも、ハンドポリッシャーを使用しているため、廃液が出ることはありません。
また、タイル交換を行う必要がないので騒音が出ることもなく、周囲への配慮が必要な場合に最適な工法となっています。
フッ素コーティングを行うため、タイルが汚れにくくなります
タイルのひび割れが目立つのは、ひび割れ箇所にこびりついた汚れ(ひび割れベルト)が原因です。
そこでタイルクラック擬態工法(FMG工法)では、洗浄箇所にフッ素をコーティング。汚れがつかないようにすることで、時間が経ってもタイルのひび割れが目立たないようにしています。

その他のメリットについて

当社では、タイルと同じ色に調整したエポキシ樹脂をハンドスムーサーで充填する工法を開発しました。タイルクラック擬態工法(FMG工法)
と併せて処置を行うことにより、ひび割れが目立つ箇所でも騒音や廃液などを気にすることなくタイルを補修できます。

動画